【ナチュロルのアレルギー情報】安心して与えられるか原材料を調査

ナチュロル アレルギー

ナチュロルは愛犬の健康を考えて作られた人気ドッグフードです。

雑誌やSNSでも取り上げられて、知名度も高い商品です。

国内のドッグフードってなんだか安心感がありますよね。

でもドッグフードでアレルギーが出てしまったりする事もあるし、成分がちゃんとしているのか気になります。

そこでこちらのページでは、ナチュロルのアレルギー情報を調べてみました。

ナチュロルのアレルギー情報

結論:ナチュロルはアレルギー反応が出にくいドッグフードであるといえます。

アレルギーにはイエダニや動物のフケ、花粉など様々な原因がありますが、食物アレルギー持ちの犬は増えているというデータもあります。

2017年10月時点の全国の犬の飼育頭数は約892万頭、猫の飼育頭数は約952万6000頭と推計されており、日本はペット大国だ。ペットを家族の一員ととらえる層は広がっており、医療についても人間同様に十分に受けさせたいという飼い主は多い。そのなかでもペットが皮膚炎になったことから食物アレルギーが発覚し、飼い主がその治療に奔走するケースが増加。これに対応する病院も拡大中だ。

人間同様にある日急にアレルギー反応が現れるという事も事もありますので、日ごろから与えるものには注意していきたいですね。

ナチュロルで食物アレルギーが出やすいかどうかは、以下の3点がポイントとなってきます。

  1. 動物性タンパク質
  2. 穀物
  3. 添加物

ナチュロルの原材料や成分の詳細を見ていきましょう。

動物性タンパク質によるアレルギー

ナチュロルで使われている動物性タンパク質は【牛肉・鶏肉・馬肉・魚肉】の4つをバランスよく使用しています。

ドッグフードのアレルギーでは、チキンや牛肉によるものが有名なので気になりますよね。

ナチュロルはタンパク源を分散

ナチュロルはタンパク源を分散しているので、アレルギー反応のリスクも低くなっています。

単一のタンパク源(チキンだけや牛肉だけ)といったドッグフードよりはアレルギー反応が出るリスクも低くなっています。

しかし、この部分は犬によって個体差があるので、気になるようであれば獣医師に相談するようにしましょう。

穀物によるアレルギー

ドッグフードに含まれる穀物(とうもろこし、小麦、大豆など)といった原材料でアレルギーが出てしまう犬は多くいます。

穀物アレルギーは穀物に含まれる植物性タンパク質が原因と言われています。

ナチュロルはグレインフリー・グルテンフリーなので、穀物アレルギーの犬にも安心して与える事ができます。

添加物によるアレルギー

ナチュロル アレルギー

香料や着色料、膨張剤や保存料を使用したドッグフードは多くありますが、このような人工添加物にアレルギー反応を起こしてしまう犬もいます。

ナチュロルはこのような人工の添加物は不使用なので安心して与える事ができます。

安定・持続型ビタミンCを配合

ナチュロルに配合しているビタミンC誘導体は体内でゆっくり吸収されるビタミンCです。

ビタミンCにはアレルギーを抑える効果があります。

また、健康維持にはかかせない成分となっています。

 まとめ

  1. 動物性タンパク質を分散して使用
  2. グレインフリー、グルテンフリー
  3. 安定・持続型ビタミンCを配合

ナチュロルの特徴を調べたところ、安心して与えられるドッグフードであることが分かりました。

>>>ナチュロルの詳細を見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました